0から始める過払い口座
image

過払いと司法書士の関連性は

少し前は過払いと言えば、弁護士にお願いして返してもらうことになりました。実際にかなり最近までは、弁護士しか対応することができなくて、司法書士はそれ外のジャンルで細々と頑張っていたのです。法律が改正されて、司法書士も回収できる対象となりましたので、現在は過払いを返すための手続きが可能です。

弁護士にしか利用できなかった時は、とにかく高い金利で貸している消費者金融が多くなっていて、実際に払い過ぎの状態がかなり起きていました。現在は昔発生している金額をなんとか回収するために、多くの事務所が立ち上がって仕事をしています。

過払い金を自分で請求したい時こそ司法書士

司法書士が過払い金請求を代わりに行うためには認定された資格を持っている人に限られます。そのため、基本的に司法書士ができるのは書類作成のお手伝いや、サポートがメインになってきます。

もし自分で借りている先と交渉ができるだけの話術を持っているのであれば弁護士に依頼するよりも安く済むため、オススメします。交渉を自分で行うことによって、専門家に交渉を依頼する費用を抑えることができます。書類は見たことがないようなものが多いため、記載の仕方がわからなかったり、不備があったりすると余計な時間がかかってしまうため、そこだけのサポートを依頼するといいでしょう。

司法書士に過払い金請求を頼める期間

自分に完済した借金がある人は自分に過払い金がないのかどうか調べてみる必要があります。自分で計算することもできますし、大体いくらくらいあるのかといったこと自体は電話で無料相談を受け付けている司法書士事務所も沢山ありますので、まずは相談してみる価値があります。

しかし気をつけなくてはいけないのが過払い金請求には請求をかけることができる期間が決まっており、借金完済年から10年以内でなければ請求をかけることができません。それ以降ですと専門家に依頼しても、自分でかけることもできなくなってしまいますので、注意しましょう。

過払い請求で司法書士を利用するなら

司法書士も行う過払い請求ですが、弁護士とちがって上限がありますから、どの位の返済金が見込めるかによって、場合によっては司法書士では難しいことがあります。比較的低額で、自分で裁判所に立つことを前提にするのであれば、アドバイスと裁判書類の作成のみを依頼することもできます。

ただその際も依頼費用はかかりますから、予め具体的にどれ位かかるかを確認しておくことが大切です。法律事務所の依頼費用は、自由に設定されているため、事務所によって、大きく差がでてくるものです。そのため、一つの事務所限定せずに複数個所に相談し、費用などを比べて、自分にあった依頼場所を見つけることが大切です。

司法書士に依頼した際に起こりうる過払い金のケースについて

貸金業者に長い間、返済をしていた依頼主の中には、100万円を超える過払い金が発生する可能性もあります。その際に心配になってくるのが、税金に対しての心配です。その100万円に対しては、税金がかかってくるかどうか、気になる点だと言えます。

個人の依頼者の場合においては、過払い金に利息がついていた場合のみ税金がかかってくるものとされています。しかしながら未だに法的な整備が整っていない、ケースにもなりますので細かな部分は、その都度質問して理解していくことをおすすめします。司法書士や弁護士に聞いても分からない場合は、税理士に問い合わせしてもいいかも知れません。

過払い請求も可能な司法書士

借金に関する債務整理と共に過払い金の返還請求に関する手続きも行われる場合、140万円を超える場合は弁護士へ依頼しなければなりません。しかし140万円を下回る場合は、司法書士への依頼によって手続きを行うことが可能です。

自分で手続きを進めるということも不可能ではないものの、請求先である金融業者からの対応や支払いに渋られやすくなるため、迅速な手続きが行われない場合もあります。また、普段の生活通りに過ごしながら裁判所へ足を運ぶなどの、手続きに関する作業も全て任せられるため、面倒な思いをせずに手続きを進められます。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら