0から始める過払い口座
image

取引履歴の開示請求と自己破産

自己破産や任意整理、過払い金返還請求などの手続きを行う際にまず最初に行われるのが、借金をしている業者に対して取引履歴の開示を求めるということです。それにより、これまでの全ての取引内容を確認することが出来ます。

その内容によっては、自己破産を行わなくても良い状況になる場合もあります。 取引履歴の開示請求については、個人で行うことも出来ますが、弁護士などの法律の専門家に依頼したほうがスムーズであることが多いようです。多額の借金に悩んでいるのであれば、まずは借金相談を弁護士などに行うようにすると良いでしょう。

自己破産で管財人が選ばれるケース

自己破産で管財人が選ばれるのは、管財事件となったケースです。免責不許可事由に該当する場合や、処分すべき資産がたくさんある場合などに管財事件となります。ほとんどの場合、同時廃止となりますが、管財事件となると裁判所に納める予納金が高額になるので、あらかじめ借金相談をしておきましょう。過払い金があるなら、自己破産をすることを回避できるかもしれません。

自己破産は個人ですることもできますが、管財事件となったら、弁護士に依頼をしたほうがかえって節約になることもあります。相談だけなら無料でできるケースも多いので、まずは相談をしてみてから決めましょう。

多重債務に有効な債務整理の意味とは

債務整理は、よく多重債務者の借金問題を解決するためにとられる手法ですが、意味は、債務者が支払いをしやすい条件に当事者の交渉でまとめることです。自己破産等の法的整理と対置させて任意整理とも呼ばれます。

任意であるため、業者が応じてくれなければ意味がありませんが、有能な弁護士を雇うことで債務整理をうまく成功させることは不可能ではありません。法的整理と違って官報に氏名や住所が掲載されることもありませんので、それを行ったからといって周囲の人間にバレることもありません。そのため、多重債務者の借金問題解決のためによく利用されています。

司法書士の自己破産の手続きについて

自己破産の手続きを速やかに行いたい場合には、プロの技術を頼りにすることがとても効果的です。 現在のところ、リーズナブルな相談料金が設定されている司法書士の事務所にお世話になる人が増えてきており、いざという時に備えて、アフターサービスの内容がしっかりとしている事務所の報酬額の相場を確かめることが良いでしょう。

その他、司法書士などの専門性の高いスタッフの選び方について迷っていることがあれば、日ごろから実際に借金の問題を解決した人のレビューを参考にすることで、常に落ち着いて行動をすることが可能となります。

借金相談で理由のことなる自己破産

借金相談では、どのような人が自己破産をうけているのでしょうか。借金の返済を借金で返す多重債務者や、ギャンブルにのめり込み、借金を繰り返した人など様々です。借金の内容によっては、裁判官と債務者が面談をするケースがあるといいます。

この場合、破産手続きを弁護士に依頼すると、一緒に裁判所へ同行してもらえるようです。司法書士に依頼した場合は、付き添ってもらえず、これは弁護士と司法書士の適用範囲の違いからくるものです。すべての面で依頼できるのは弁護士ですが、自己破産の弁護士費用がどのくらいかかるか、前もって相場を確認しておくと良いでしょう。

借金相談でわかる自己破産の注意点

借金相談には、保証人のいる人もいます。もし、借金をする際に保証人をたてているなら、自己破産をうけることで、次は保証人が借金を背負うことになります。保証人なるほどの人ですから、債務者にとって大切な人なのではないでしょうか。

親かもしれませんし、親友かもしれません。そのため、つらいでしょうが保証人には前もって、破産する旨を伝えておく必要があります。破産をうけたからといっても、働いた収入を差し押さえられるわけではありませんので、必死に働いて、保証人に誠意をみせるべきではないでしょうか。まちがっても、ヤミ金のような所から借金をしたとしても、7年間は再び自己破産をうけることができないのです。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

自己破産に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら