0から始める過払い口座
image

クレジットカードの使い過ぎによる自己破産について

自己破産は弁護士や司法書士と言った法律の専門家に依頼をすることで破産の手続きを行って貰う事が出来ますが、自己破産は借金問題を抱えてた人の借金を整理すると言う債務整理の方法の一つです。

裁判所を通じて破産の申し立てを行い、裁判所が認めた場合に手続きが進められて行くと言った特徴が在りますが、クレジットカードを使いすぎて破産を行うと言った場合、それが浪費と言う場合には破産は認められずに申立ては却下される事になります。

浪費やギャンブルと言った借金の理由の場合は自己破産ではなく他の方法で債務整理を行う事になります。

借金相談して自己破産や任意整理を選ぶ

今現在借金で苦しんでいる方、またかつて借金をしていた方なども、借金相談に応じる法律相談所を利用することで問題が解決したり、払い過ぎた金利を回収することができるのです。借金の総額の大小や仕事の状況等をふまえ、一番適切な解決方法を選ぶにはやはり多くの借金問題を解決してきたプロのアドバイスというのは役立ちますから、相談後に自己破産や任意整理、その他の方法を選ぶことでより人生の立て直しがうまくいくのです。

しかしその後の人生にどれほど影響を与えるのかといったこともきちんと理解しておく必要はあり、たとえば自己破産ではすべての債務がなくなりますが、その後の就職やローンに制限が生じてしまう難点も受け入れなければなりません。元本だけでも払える能力があるのであれば任意整理を選ぶことがおすすめですし、またかつて利息制限法以上の金利でカードローン等を利用していた場合、過払いした金利を返還してもらうこともできるのです。

個人再生をした時の制限について

個人再生は、裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きです。裁判所に提出した再生計画が認可されると、原則として債務が5分の1に減額されます。また、個人再生は減額された債務を、3~5年で返済しないといけません。

なので、継続的な収入がないと、手続きすることはできません。  個人再生をすると、借金を減らすことができますが、制限も受けるようになります。まずは今後7~10年間、新たにお金を借りることができなくなります。ただし、保証人になってないかぎり、家族に影響はありません。自己破産とは違い、職業などの制限を受けることはありません。

自己破産をするとクレジットカードはどうなるのか

自己破産をすると借金などの債務がすべて帳消しにしてもらえるので、一から再スタートをすることができます。 借金もなく心機一転頑張っていくことができるのですが、いくつかのデメリットもあります。

その一つがクレジットカードを作ることができないなど、新たに借金やローンが組みづらくなるということです。 ただし自己破産後すぐにはクレジットカードなどはつくれませんが、一生つくれないというわけではなく、数年借金などの問題もなく生活をしていれば改めて作れるようになります。 はじめは不便かもしれませんが、借金をしないで生活をしていくという実績作りが大切です。

自己破産するならまず借金相談へ

「もうこれ以上返済できない」「返済はできるが生活ができない」という人の最終の借金返済手段として借金相談所などで提示されるのが自己破産です。自己破産をすることによって今まで借りてきた借金が0になりますが、色々生活において制限がかかりますし、実は行うためには様々な書類の提出や、面接などクリアしなければならないことがあります。

自分で一から調べて手続きをすすめることはできますが、思っている以上にやらなければならないことが多くお金も手間もかかります。そこで大阪など大都市では無料での借金相談を行っている所がありますので、まずは専門家に必要なことなどを確認しておくといいでしょう。

自己破産における借金相談について

借金返済が立ち行かなくなり、深刻な問題が発生してしまった際には、法律で解決する方法があります。債務整理はいくつかの内容がありますが、その中でも最終段階として知られる自己破産があります。自己破産すべきかどうかは、専門家にじっくりと相談してから決めることが最良の方法となります。

最近では借金相談できる場所が増えていて、法律事務所の他に法テラスなどの機関でも相談にのってくれます。法テラスは日本司法支援センターという機関で、国が設置している機関になりますので、しっかりとしたプライバシー保護のもと運営されています。このような機関を利用してみることをおすすめします。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら