0から始める過払い口座
image

過払い請求と同時に支払いの相談

生活のやり繰りに余裕がない人が過払い請求の相談に来る事が多いそうですね。

しかし、過払い請求でお金が戻ってきても、今後は法律家に報酬を支払う金銭的余裕もあまりないという事で悩んでいる人もいる様です。

その場合には、借金などの相談と同時に支払いの相談もできる場合がある様です。

かなり状況が厳しいのであれば、法律家への報酬を分割して毎月少しずつ支払っていくという事ができる所もある様です。過払い請求後も困っているのであれば、ぜひ打ち明けて相談したいですね。

上手く行くと同時に、いろんな問題を一度に解決できるかもしれません。
後で困る事がない様に、詳しい事はまず相談する前に話をしておいた方がいいでしょう。

過払い金を請求して違法金利分を取り戻そう

過去に利息制限法の上限金利を超える金利でお金を借りていた場合、過払い金が発生している可能性があります。過払い金は、払う必要がないお金なので取り戻すことができます。

ただし、過払い請求は最終取引日から10年で消滅時効にかかってしまうので注意が必要です。10年を過ぎてしまうと、請求権が消滅してしまうのでお金は全く戻ってこないことになります。

過払い請求は、インターネットや書籍の力を借りて自分ですることもできますが、相手は手練れた巨大企業の交渉人です。素人が対等に渡り合うのは至難の業でしょう。そこで、1円でも多く過払い金を取り戻したければ、弁護士に依頼することをおすすめします。

過払い金や任意整理と預金額について

過払い金の問題については、多くのメディアで大々的に取り上げられることがありますが、様々なケースに対応をするにあたり、プロのスタッフにいち早く相談をすることが欠かせません。

特に、任意整理の可否については、それぞれの債務者の預金の金額によって、大きな違いが出ることがあるため、常日ごろから多方面の媒体を活用しながら、便利な情報を集めることが良いでしょう。 もしも、過払い金のリスクに対処をしたい時には、大手の法律事務所の無料相談の機会を活用することによって、何時でも納得のゆく対応をすることができるようになります。

過払いの相談は経験豊富な弁護士が最適

弁護士に対して過払いの相談を行う場合、経験の豊富さを重視しながら相談先を決めることで、的確なアドバイスが受けられるだけでなく、過払い請求の手続きをスムーズに進められるというメリットもあります。

なお、弁護士によって得意分野が異なるため、過払い請求を多く手掛けている点を重視する必要があり、ホームページなどを通した積極的な情報収集が有効です。

過払い請求に精通している弁護士は全国に多数存在し、無料相談を実施している所も多いので、依頼を迷っている人でも気軽に相談できる他、対応の良さをチェックしながら依頼先を選べます。

借入している最中で司法書士に過払い金請求を依頼する費用

現在もし自分が借金を返済している最中で、それでも過払い金請求をしたいとなった際に、請求をかけること自体は可能ですし、司法書士の人に依頼して代理人として手続きをしてもらうこともできます。

しかしその場合には完済している場合よりも多めに費用がかかってきます。相場としては依頼料が1社3万円、2社以上の場合には一社あたり2万円です。それプラス成功報酬として返済金額の20%くらいの支払いになります。なぜ完済済みよりも多いのかというと、現在返済している方が交渉はより難航しやすいためです。その交渉分が上乗せされていると考えるといいかもしれません。

過払いがあるなら取り立てを司法書士に止めてもらう

請求が止められない場合、支払いを継続することになります。これはかなり辛いことですし、支払う額が多くなっていればいるほど負担が増えます。でも司法書士に依頼を出すことによって、取り立てをストップすることも可能です。

過払いが発生していることを伝えて、この請求をするために支払いをストップさせてもらい、実際に計算して最終的な金額を把握することとなります。額が多くなっている場合でも、弁護士同様にストップさせることができるので、多額の過払いに悩んでいる方も対応してもらい、支払いを行ってもらうまで対応できるのです。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら