0から始める過払い口座
image

債務整理の後について

ようやく借金という重い肩の荷が下りると、その後はどうやって生きて行くのかという事を考えないといけませんね。

債務整理の後は、これまでとは若干異なる事も出てきます。債務整理をすると、自由に旅行に出かけたり、または贅沢品をたしなんだりする余裕はない場合が多いでしょう。

かなり生活レベルが下がってしまうという事が考えられます。自己破産は特に厳しく財産も一定以上は没収となり、金銭の他にもマイホームなども失う可能性が多いにあります。

債務整理はできる事なら行わずに、自力で全額返済できるに越した事はありません。生活におけるやり繰りについても弁護士に相談する人もいるらしいですね。

債務整理は実績のある弁護士に依頼を

すべての法律事務所が、債務整理を得意としているわけではありませんので、依頼をするなら実績のある弁護士に依頼をするべきです。債務整理はそれほど特別なスキルが必要になるわけではないですが、やはり実績があって経験が豊富な弁護士に依頼をしたほうが、安心してまかせることができます。

ホームページだけでは判断ができませんので、実際にいくつかの法律事務所で面談を受けてみて、比較をしてみましょう。お金に困っている人は、料金を気にしてしまう傾向がありますが、料金だけで選ぶのはよくありません。総合的に、信頼できるところに依頼するのがよいです。

弁護士に債務整理の手続きを依頼するメリットとは

弁護士に債務整理の手続きを依頼すると、適切な処理をしてもらえる、債務整理をしなくてもよくなるなどのメリットがあります。会社の債務整理は自身で行おうとすると、大変な労力がかかるだけでなく、難しい知識が必要となります。弁護士に依頼をすれば、普段から慣れている仕事なので、自身でするよりも素早く作業を完了してくれます。

手続きの際に会社の書類を渡すと、場合によっては債務整理をする必要がないと教えてくれることがあります。会社の倒産の危機を免れたことになるため、依頼主は手を掴んで涙を流しながらお礼を言う可能性が高いです。

借金返済は弁護士に相談して債務整理で解決できる

借金返済で悩んでいるなら、迷わずに法律事務所などで行われている債務整理の無料相談を受けてみましょう。ただでさえお金で苦しんでいるのに、弁護士に依頼しても手数料が支払えないと心配する人も多くいるのが実情です。

しかし、ほとんどの方が知らないのですが、実は、債務整理を弁護士などに依頼して、借入先に連絡がいくと、債務整理が完了するまで返済する必要が無くなります。つまり、借入先に支払う必要が無くなり、取り立てを受けることもなくなるのです。

従って、支払う予定のお金を手数料にすることもできますし、それができないケースでは、分割払いなどに応じてもらうことも可能です。 このように、手数料の心配はほとんどありませんので、大切なことは、少しでも早く相談することです。

債務整理の任意整理とは

複数の貸し金業者から借金するのは多重債務です。金利の返済でさえできず、最低限の生活を営むのも難しいようなら債務整理をするのが賢明です。自己破産、任意整理といった方法がありますので、司法書士か弁護士に相談します。

自力で手続きをすることは不可能ではありませんが、煩雑な手続きばかりで慣れないとエネルギーも奪われてしまいます。費用は安くないですが、専門家に任せることで精神的な負担から逃れられます。多重債務の関連で過払い金の請求がありますが、過払い金は返済し終えた借金が対象です。その点で、債務とはいえない存在です。

債務整理における任意整理の流れについて

弁護士に債務整理を依頼する際に、どのような流れになるか不安に思う人も多いかと思います。簡単な流れについて解説を行なっていきます。はじめに弁護士などの法律事務所に、電話やメールなどで法律相談するところから始まります。

その相談をもとに弁護士がどのような手段が有効であるか考え、次に法律事務所にて面談を行います。面談の際には不安や疑問、料金などの話しをしっかりと聞きそれに基づき、手続きを行います。任意整理の場合はこの時点で、可能になれば着手金を払い手続きが始まります。その後、債権者に受任通知が郵送され、示談交渉が始まり合意の流れになります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

債務整理に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら