0から始める過払い口座
image

問題の早期に着手したい債務整理

どうせ債務整理をするとすべての借金を解決できるのだから、家族に知られない様に、何とか生活を切り詰めて自分だけで何とかしてしまいたいと考えている人はいませんか。

確かに、周囲の人に多額の借金をしている事を知られるというのは辛い事だろうと思いますが、結論から言えば早い方がいいでしょう。

債務整理は一種類ではなく、何種類もの解決手段があり本人の状態を総合的に判断して決める事になります。

そのため、早期でまだ問題が軽い間であれば、デメリットの少ない手段を用いて対処する事ができます。少しでも早ければ、それは債務整理を早く行った方が本人にとってもいいかと思います。

解決が遅れない様にしないといけませんね。

債務整理での交渉について

債務整理には自己破産等いくつか種類がありますが、任意整理を選ぶなら弁護士に交渉をお願いすると支払額を大きく減らせる可能性が高まります。任意整理は示談によって借金の減額をお願いする債務整理の方法ですが、公的な機関が間に入るわけではありません。

債務者側が債権者と対等に渡り合うことは現実的には難しい面があり、話し合いが上手くまとまらないことも多いようです。弁護士に依頼すると交渉を代わりに行ってくれるだけでなく、受任通知の発行が可能になります。受任通知は金融業者側に発送することで、和解成立まで支払いの取り立てがなくなり、負担が大きく軽減されます。その後のやり取りも基本的に任せることができ、その後の返済計画もスムーズに立てることが可能です。

任意整理で債務整理をするには交渉力のある弁護士が必要

債務整理の中で、裁判所を通さずに債権者との協議によって債務を整理する方法を任意整理と言います。これは利息制限法の定める利息を超える部分は無効となるため、その利息によって引き直しを行い、本来支払うべき元金と利息分だけ支払う事で債務を減額することができます。自己破産では、官報によって人に知られますし、株式会社の取締役、弁護士などの士業といった一定の職業に付く事は制限されますが、こちらはそうしたデメリットがありません。

ただし、任意整理はあくまで債権者との交渉であるため、弁護士や司法書士など交渉力のある専門家の協力が不可欠となります。また、借金を減らす事が最大の目的であるため、自己破産のように借金が免責されるわけではありませんので、注意が必要です。

借金問題は債務整理の経験豊富な弁護士に相談しましょう

借金が増えて返済が滞りがちになっている方には、債務整理の事案経験が豊富にある弁護士に相談されることをおすすめしたいものです。借金が増えるなどの借金問題に関して、債務整理の方法などを提案してくれたり、依頼者に適した方法などをアドバイスしてくれるものですから、解決できることでしょう。

相談する費用のことでお悩みの方は、初めての場合ですと、電話で無料にて相談を受け付けているところがありますので、こちらを利用されるのがいいでしょう。一人で悩まないで、借金問題は債務整理を得意とする弁護士に相談され、解決へとつなげましょう。

自己破産も債務整理で解決

借金の返済に悩み続ける方が可能な対処として多く見受けられる方法の一つが、裁判所への手続きによって借金が帳消しとされる自己破産です。手続き完了後の返済に悩むことも無くなり、ストレスから解放されるだけでなく、以降の収入については全て生活費等に充当させることができます。

一定の財産を手放すことや、個人信用情報に影響が出ることが必須となるものの、差し迫った借金問題からは免れます。また、状況によっては任意整理や民事再生などの債務整理が行われる場合もあり、様々な条件によって借金の総額が減らされる手続きが進められます。

債務整理で自己破産をしましょう

自己破産は、民事再生、任意整理を行ったとして、それでも借金が残ってしまう場合は、地方裁判所へ破産を申し立て、借金をなくしてもらうことが出来る債務整理のひとつの方法です。自己破産をすると、財産を一定額手放すことになりますが、債務が多重に残っている苦しみから解放されます。

破産宣告は多重債務をおってしまった人への国からの救済法ですので、どうしても首が回らなくなった場合は、破産宣告することも考えましょう。破産宣告する場合は、弁護士に相談をして代理で全ての手続きを行ってもらうことが可能です。費用も掛からないので安心です。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

債務整理に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら