0から始める過払い口座
image

過払いとはなにか

わずかしか戻らない事もある過払い請求

弁護士が頑張って交渉して、過払い請求をしたとしても、計算で算出した金額と比べると、わずかな金額しか戻らない事もあるみたいです。消費者金融はできる限り、支払いを避けようとする事もあります。

この様に、消費者金融が応じないというケースも考えられますが、それ以外にも過払い請求でわずかしか戻らないという事もあり、弁護士がしっかりと仕事をしてくれないという事が原因という事もある様です。

しかし、このように業務をしっかりと行わない弁護士というのはごくまれな事でしょう。

また、債務者が弁護士に頼らず行った場合にもほとんど戻ってこないという可能性もあります。

思い通りに戻らない事は多々ある様です。

過払い請求をしてもローンが残る場合には注意

過払い請求をすることには、なんらデメリットはありませんが、過払い金を引きなおし計算してもローンが残る場合には注意が必要です。例えば、200万円の借金があって、過払い金が250万円だったなら、50万円のお金が戻ってくるだけであり、なんのデメリットもありません。

しかし、200万円の借金があって、過払い金が150万円だった場合、50万円の借金が残ります。この場合、残った50万円をどうやって返済をするかという交渉をすることになり、これが任意整理という手続きにあたります。任意整理は債務整理の一種であり、ブラックリストにのるというデメリットが発生します。

過払い金請求のデメリットは限定的

過払い請求を行うと支払いすぎたお金が戻ってくるというメリットはありますが、デメリットはないのか気になるところです。しかし、それは限定的であると言えます。まず、既に借金を完済してしまった場合は何ら影響はありません。

少し問題が出てくるのは、現在も返済中の場合です。この場合、過払い請求を行い、その結果発生した過払い金で債務がゼロになった場合は問題はないものの、過払い金を充当してもなお、債務が残る場合は債務整理状態となり、個人信用情報に名前が残ることとなります。

その結果、他社からの借り入れやクレジットカードの新規および更新は否決されることは避けがたくなってきます。とはいえ、支払いすぎたお金が戻ってくるのですから、過払い金請求は行うべきです。

過払い金を弁護士に依頼するメリット

過払い金の請求は司法書士でもできますが、請求金額の合計が140万円を超える場合は弁護士にしか依頼はできません。裁判も地方裁判所で行われるので金融業者は会社代表が出廷しなければならず、代理人として弁護できる人を依頼せざるを得ないのです。そのため長引く栽培の場合は、金融業者には余計な負担がかかるので裁判が早く解決するケースがあります。

たとえ請求金額の合計が140万円に満たなくても、弁護のプロは140万円を超える術を知っています。 過払い金を取り返すために弁護士に依頼するメリットは、法律のプロは裁判や判決を有利にする方法を知っている事です。

過払い金請求は債務整理をおこなう弁護士に相談する

カードローンやキャッシングでお金を借りすぎてしまい、返済が全然追い付かなくなる人も最近は増えてきました。 消費者金融のカードローンやキャッシングは、利息も高いのでかなり返済に苦しむ人もいます。

消費者金融のカードローンやキャッシングでは、利息を払いすぎてしまうケースも多く過払い金が発生していることもあります。 過払い金の請求は債務整理をおこなう弁護士に相談するといいでしょう。

たとえカードローンやキャッシングの明細書などがなくても、どこの消費者金融から借りたかさえわかれば弁護士が調べべてくれ債務整理として消費者金融に過払い金請求をしてくれます。

過払いにおける認定司法書士とは

認定司法書士は、2002年に制定された制度でこの資格を所有していれば、弁護士でなくても過払い金の請求などを行うことが可能になります。しかしながら、140万円以下であることが条件として挙げられます。

それ以上の金額に対応することが不可能になりますので、その際には弁護士に依頼することが必要になってきます。過払い金請求は自力で進めることも可能ですが、必要な書類や確認事項も多いので、結果的としてプロに任せた方が早い場合もあります。不安に思う点があれば、インターネットを検索したり、専門とする機関などに、一度問い合わせしてみることをおすすめします。

司法書士も過払いを軸にしている

弁護士に仕事を取られている傾向もありますが、できることなら司法書士も仕事を行って、お金を得たいと考えています。一番軸になっているのが過払い金の請求ですが、これは司法書士も行えるために、どんどん取り返して欲しいと考えています。

実際に払い過ぎで困っている方は、取り返したほうがお金を増やすことができたり、返済が完了する場合もあります。特に昔の消費者金融を使って、まだ返済が終わらなくて困っている方は利用してください。この仕事を軸にしつつ、他の仕事ももらいながら生活している人も多く、依頼が出てくれることは凄く嬉しいのです。

過払いに気付いたら司法書士へ

抱えられている借金問題について対策を立てようとしている方にとって、新たな発見となる一つの要素に過払いが挙げられます。長い期間にわたっての返済を続けてきた場合、裁判を起こし、特定の手続きを進めることによって、返済時に支払いすぎていた利息分などのお金を取り戻せることがあります。

140万円以下の金額であれば自分でも手続きを行う事が可能ですが、法律に基づいてきちんと対処するためには法律専門家への依頼が必須となります。司法書士への依頼は140万円以下まで対応可能ですが、金額が大きくなりそうな場合は弁護士へ相談するのがよいでしょう。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら