0から始める過払い口座
image

過払いには時効がある

あなたが最後に完済した日から10年が経過すると時効その金融業者に対する過払い請求権がなくなります。つまり時効を意味します。過払い請求ができる期間は限られているのです。

また借入、完済を繰返ししている場合はその間隔が10年以上の開きがなければたとえ何十年前に借りたものであっても過払い請求権があり、法的にも効力があると言えます。

過去に完済した方でも10年以内であれば請求できるのです。

多重債務の返済や過払い請求の相談が無料

過払い請求についての相談は、弁護士事務所や司法書士事務所の他に、国や地方自治体が運営する消費者センターでも受け付けています。 多重債務問題で苦しむ人のために、返済計画の立案や過払いしたお金を取り戻す方法についてもアドバイスしていくれます。 弁護士や司法書士に過払いのことを相談に行く前に、公的な機関を利用して基礎知識を身に着けておくことが大切です。

あらかじめ過払い請求の仕組みについて理解しておけば、弁護士とのやりとりがスムーズに進行するためです。 無料で利用できる公的な機関は、他にもいくつかあるので活用してみるとよいでしょう。

過払い金の時効が10年以上となるかは弁護士次第

過払い金とは、利息制限法に定められた以上の利息を支払っている事を指しますが、その利息制限法が定める利息で計算し直した支払い額と実際に支払った金額との差額の返還を求める事を過払い金の返還請求と言います。

この返還請求は、弁護士などの専門家が金融業者などと返還交渉をしますが、債権者が返還に応じない場合、裁判によって返還を求める必要があり、また、最後に取引があってから10年を経過すると時効により請求が困難となります。

ただし、一定の条件を満たす場合は10年を経過していても時効とならないケースもあるため、できるだけ交渉力のある弁護士に依頼すると良いでしょう。

弁護士に過払い金の書面を見てほしいと依頼すると

弁護士に過払い金の書面を見てほしいと依頼した際は、時間をかけてゆっくりと調べてくれると想定されます。数字の量が多い時は時間がかかるので、その間は仕事をしたり趣味に励んだりして、連絡が来るのを待ちましょう。連絡が来た時は再び事務所へ足を運び、話を聞きに行くことになります。

過払い金の額が多かった際は、依頼主は泣きながら喜ぶ可能性が高いです。弁護士は依頼主が泣く場面に何度も立ち会っていることから、優しい言葉をかけてくれたり、今後の対策方法について教えてくれます。そして、依頼主はその教わったことをメモに書いたりして、忘れないようにします。

司法書士でも行えない過払い手続きとは

借金に関する悩みを解決させる場合、債務整理と別に過払い金の存在も気にしておきたいところです。長い期間での返済を続けていた場合、利息分などの支払い過ぎている金額は返還請求の手続きを進めることにより、現金として手元に戻ってくることがあります。

司法書士へ依頼する場合は140万円以下であるという決まりがあるものの、弁護士への依頼であれば上限金額などはありません。法律専門家への相談や依頼により費用が発生する反面、個人で手続きを進めるより迅速に対応され、面倒な手続き作業も任せることができるなどのメリットがあります。

気を付けたい司法書士の過払い手続き

借金の債務整理に伴って、これまで返済してきた金額の中に支払いしすぎている利息分などの金額に気付くこともあります。そのような過払い金額が140万円以下の場合には、手続きを進めるためには弁護士でも司法書士でも依頼することが可能です。

専門家への依頼により、支払い過ぎたお金の返還を求める交渉や訴訟の代理が行われ、迅速な対処が進められます。また、返還額の合計が、140万円を超える場合、弁護士にしか依頼することができません。自分の状況や目的に応じた対処を進めることにより、トラブルなく目的を果たすことができるでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら