0から始める過払い口座
image

自己破産後の生活が不安な人は司法書士へ相談を

返済の目処がたたない借金を抱えてしまった場合、ただそのような状況を何もせずに放置しておくのでは問題に解決にはつながりませんし、かえって状況は悪いものになってしまいます。そこで、返済の目処が立たない借金の問題を抱えている人が最終的な手段として用いるのが自己破産と呼ばれる制度です。

自己破産では申立ての申請を行い、その申請が裁判所に認められれば借金の返済義務は免責されることになります。ただし、自分の所有している財産のほとんどを手放すことになるので大きなダメージを受けることは避けられません。

また、自己破産の手続きを行う前の給与に関しては差押えを受けることになってしまうので、破産後の生活が不安だという人は一度、司法書士へ相談をするようにしましょう。

自己破産等の問題については司法書士に相談をする

消費者金融に対して払い過ぎた利息は返還請求することが出来ますが、その方法は複雑なのでよく分からないために諦めてしまう人もいます。 しかし中には驚くほどの額のお金が戻って来ることもあるので、払い過ぎた利息がある時にはきちんと過払い金請求をした方が良いです。

この手続きに関しては本人が全て直接に行わなければならない分けではないので、司法書士や弁護士に依頼してそれを行ってもらうこともできます。 過払い金については期限があるので、そのことも踏まえてよく考えて対応する必要があります。

また消費者金融からお金を借りてどうしても返済出来ない場合には自己破産を考える人もいますが、債務整理をすればそれを避けることが出来る可能性もあります。 ですからその時にも司法書士や弁護士等に相談をして、納得の行く解決方法を考えることが大切です。

個人再生とブラックリストの関係性

個人再生を始めとする債務整理を行うと、信用機関により、ブラックリストに入れられます。ここに入ると、一定の期間、新たなローンを組んだり、クレジットカードが作れなくなるのです。

この期間があける目安としては、個人再生が始まってから5年間とされています。ただし、自己破産と違って、返済の義務は残ったままですので、きちんと支払いを継続し、完済することが条件となります。このため、債務の完済から5年と自覚したほうが、より建設的な人生設計を行うことができます。2度とブラックリスト入りしないためにも、個人再生を完遂していきましょう。

自己破産で自動車が没収される

自己破産は債務整理の手続きの一種で、裁判所に申し立てをして免責の許可が下りれば債務がなくなるという法的な措置です。債務がなくなるので人生を一からやり直すことができ、督促によるストレスや将来への不安なども解消されて精神的にも楽になります。

しかし、このようなメリットの反面デメリットもあるということを理解しておかなければなりません。自動車や不動産などの高額な財産が没収される、銀行などのブラックリストに載り手続きをした後の数年間は新しい借入などが一切できなくなる、国の機関紙である官報に氏名と住所が載ってしまうなどがあります。この点を踏まえてそれなりの覚悟を持って自己破産の手続きをしましょう。

自己破産などの借金相談は弁護士に

借金相談は、弁護士にしてください。弁護士であれば、いろいろな方法を提案してくれます。自己破産や任意整理などをして、借金から解放してくれます。任意整理や破産宣告の場合は、法律上難しい手続きをたくさんしないといけませんが、弁護士であればそのまま代理で行ってくれますし金融業者からの必要以上の取り立ても弁護士を通じ止めてもらうことが出来ます。

借金相談を弁護士にすることで、気持ちの整理が出来て、どうしたら一番良いのかを、しっかりと見極めることが出来ますので、多額の借金で困っている方は、自己破産をするかどうかは別にしても、一度専門家に相談する方がよいでしょう。

借金相談における自己破産について

自己破産を行ううえで、気がかりになってくるのが社会的信用や、家族への負担が多いかと思います。借金の問題は昨日今日でできた問題ではありませんので、自力で解決しようとすると困難になってくる恐れがあります。

そのような際には、専門家に一度相談してみることです。お金がありませんので、不安な点は数多くあるかと思いますが、しっかりとした解決法が見つかれば、安心して暮らすことが可能になります。借金相談をするうえで、法律事務所を訪れれば、相談料が取られてしまう可能性があります。初めのうちは国が設けた機関や、無料相談を実施している法律事務所を利用することです。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら