0から始める過払い口座
image

自己破産するしかなくなったら弁護士に相談を

カード一枚あれば、コンビニATMなどからお金を引き出せる便利さから、カードローンを気軽に利用している方は多いですが、調子に乗って借りすぎていると、月々の返済額が多くなり、返すのが難しくなってしまいます。

月収の半分以上を返済にまわさなければなくなると、まともな生活が出来なくなりますから、もしそうなったら弁護士に相談して、自己破産の手続きをすることをおすすめします。

自己破産の手続きは、法律に詳しい人なら自力でも出来ますが、そうでない人の場合は専門家の方がスムーズに出来るので、信頼できる弁護士に任せるようにしましょう。

自己破産の申立ては弁護士などに依頼しよう

返すことが出来ないほどの借金があるという場合には、自己破産の申立てをすることにより、借金の返済を免除される可能性があります。また、過払い金が発生している場合には、請求することで、借金額を大幅に減らすことも出来るでしょう。

自己破産をはじめとする手続きは、自分で行うことが出来る方法もありますが、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼するほうが時間と手間、費用の節約につながります。また、手続きの結果も良いことが多いようです。借金相談は無料で行っている法律事務所が多いため、いくつかの法律事務所に相談すると良いでしょう。

多重債務を両親に迷惑をかけずに解決できる過払い金

多重債務を抱えている人は、最悪のケースでは両親に迷惑をかけてしまうかもしれません。連帯保証人になってもらっている人は、個人再生や自己破産をすると連帯保証人に一括請求がされてしまいます。

過払い金請求なら、デメリットなしで借金問題を解決できます。ただし、過払い金を引きなおし計算をした後にも借金が残っていたら、任意整理になってしまうことには注意が必要ですが、まずは弁護士などに相談をして、説明を受けた後でメリットとデメリットを比較してみましょう。すでに完済済みなら、任意整理をすることになる可能性はありません。

司法書士に自己破産を相談、裁判所への申請は自分で?

自己破産を検討しているなら、弁護士などプロの法律家に相談することが大切です。しかし司法書士に相談するという方法もあります。 司法書士は書類作成代行を主業務としています。そのため、自己破産に必用な書類をしっかりと揃えてくれます。費用も弁護士に依頼するより低くなります。

ただし、司法書士は法律の代行業務を行うことができません。そのため、裁判所への申請は本人が行うことになります。もちろん申請のやり方は丁寧に教えてもらえるので、書類作成しかやってもらえないということはありません。また闇筋業者への対応を得意としている事務所もあるので、借金相談に乗ってもらうこともできます。

よく耳にする自己破産とは

多額の借金に悩み続け、債務整理における解決方法が見当たらない場合、自己破産の手続きが進められます。客観的に返済の支払いが不能であると判断される方や、過去7年間に渡って免責を受けたことがないと認められた方に選択可能な方法です。

借金が帳消しとなることで収入を生活費に充てられる一方で、一定額の財産を手放さなくてはならないという条件が必須となります。クレジットカードなどの個人信用に関連する事柄にも制限が設けられるなどの項目もあり、大阪に位置する専門機関を利用するなど、自分の状況に応じた解決策を進めることが必要です。

自己破産に頭を抱える時には

大阪などの都市を中心に、借金問題を業務として取り扱う専門機関や関連団体は、数多く見受けられます。多額の借金に悩んでいる方にとって、借金相談が気軽に行えるだけでなく、問題解決のための手立てを考える上でも重要な存在となります。

状況によって、また、他の手段を用いたにも関わらず、返済への見込みが立たない時には、地方裁判所への申し立てによって借金額をなくす自己破産の手段が利用されます。一定の財産を手放すなど、所定の条件を満たすことで借金から悩まされる生活にも終止符を打つことができます。さらに、今後の生活の立て直しも可能となります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

自己破産に関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら