0から始める過払い口座
image

過払い金請求や自己破産などの債務整理

債務整理には様々な種類のものがあります。過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産などです。その中でも最も重い手続きといえば自己破産です。裁判所に免責が認められれば借金が全額免除されるという法的な措置です。

大きなメリットがある反面、不動産や自動車などの高額な財産が全て没収される、国が発行している機関紙の官報に住所と名前が掲載される、金融機関のブラックリストに掲載されて破産後数年間は借り入れができなくなるなどのデメリットも生じます。

手続きをするためには、代理人となってくれる弁護士に依頼するということから始める必要があります。借金問題の解決は早いに越したことはありませんので早めに弁護士に相談しましょう。

消費者金融で借りすぎて自己破産する前に

自己破産は借金がなくなりますがいろいろな制約も出てくるので最終的な手段として考えていく必要があります。お金を借りた所が消費者金融の場合は法的な利息を超えて返済している場合もあるので、自分が該当しているかどうかわからない場合は専門の所に借金相談するのがいい方法です。

相談は無料か非常に格安な値段で行ってくれるので心配は要りません。過払い金があれば返済出来ないで自己破産しようと考えていた場合でも逆にお金が戻ってくる場合があります。 借金相談に強い弁護士はたくさんいるので料金や家の近くかなどいろいろ比較してさがす事が大事です。

弁護士に債務整理の調停をお願いする長所と短所とは

弁護士に債務整理の調停をお願いする長所には、適切な助言を頂ける、周囲を納得させてもらえるなどが挙げられます。例えば債権者との協議の際に言い争いが発生したとします。その時に弁護士に依頼をすると、適切な助言をした後、周囲を納得させてくれることを述べてくれます。経験が豊富な人に頼んでいた時は、適切ではない発言をしている人を説得してくれます。

短所は依頼をすると費用が発生することです。ただ、調停が必要なほど現場が荒れていた際は、依頼をすれば決着させることができます。なので、費用については気にする必要はないです。

債務整理は弁護士と司法書士どちらに頼むといいのか

債務整理をする場合は弁護士と司法書士、どちらにも頼むことができます。依頼すると受任通知を借入れ先に送付してくれ、これが相手に届いた時点で取立てが来なくなりますので、その後は必要書類を揃えて手続きをしてもらいます。

費用は着手金も含めて、任意整理は20万円から25万円程度、自己破産は25万円か30万円程度ですが、事務所によって多少の違いがあり、着手金を受け取らない事務所もあります。

ただし司法書士の場合は法律により、債務額が140万円までの場合しか債務整理の手続きをしてもらえません。ですから、それ以上の借金がある時は、弁護士に依頼するといいでしょう。

債務整理で任意整理を行いましょう

多額の借金を抱えてしまった場合、債務整理で借金の整理を行う事が出来ます。額が大きすぎて、返済のしようがない場合は、自己破産をして借金をすべてなくすことが出来ますが、一定の制限がかかってしまいます。

少額の場合は、任意整理を行い、借金を整理整頓することで、返済は続けますが減額することが出来ます。自己破産とは違い返済を続けるので、制限はとても少ないですし、ローンやキャッシングもすることが出来ます。借金を抱えてしまい、どうしたら良いのかわからない場合は、弁護士に相談をしてください、どのように債務整理を行えばよいのか、アドバイスをもらうことが出来ます。

任意整理もできる債務整理

多数の借入先への借金返済に悩む方や、多額の借金の返済に追われている方にとって、長年抱えている問題を解決させるための方法として、任意整理などの債務整理が挙げられます。債権者との話し合いが行われ、和解によって借金額を減らすことが可能となるため、差し迫った借金返済の問題を小さくすることができ、返済計画の立て直しができるようになります。

裁判所への申請なども必要がないため、スッキリと問題を解決させたい時に、速やかに対処できる方法でもあります。またそのほか、裁判所の判断によって借金額が減らせる民事再生なども債務整理として挙げられます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

債務整理に関する記事