0から始める過払い口座
image

過払い請求で借金返済を楽に

弁護士や司法書士の所にやってくる人たちの相談の中で、借金の返済が厳しいという内容のものは特に多い様です。借金の返済が厳しいという時には、たくさんある借金をまとめたり、または返済するプランの見直しを行う事もあります。

それらは債務整理と呼ばれ、弁護士や司法書士の所に行って行うのが一般的です。

その際に同時に過払い請求を行う場合もあります。過払い請求を行う事ができる場合には、返済の負担を少し減らす事ができるというケースもあります。また、過払い請求の依頼は債務整理を行う時だけではありません。

実は、過払い請求の相談をするためだけに司法書士や弁護士の元を訪れる事もできます。

過払いについて相談できる法律事務所

過払いという言葉をテレビや広告で見聞きしたことはありませんか。 法律で決められている金利よりも高いもので借金をし、支払いが長く続いている方、借金の完済が10年未満の方については過払い金が生じている場合があります。 そのような方は過払い請求を行うことができる可能性があります。

自分の借金が過払い請求可能か不可能か、それを見極めてくれるのが法律事務所です。 多く払い過ぎた利息は必ず自分の手元に戻して下さい。 毎日毎日お金のことばかり考える日々はもう終わりにして下さい。 最近では無料相談に応じてくれる事務所も多数ありますので、一度利用されてはいかがですか。

業者に過払い金を求めるなら交渉力のある弁護士を

過払い金とは、借金の返済をする際に余分に支払った法律上無効となる利息の事を言いますが、その過払い金を金融業者などに返してもらう手続きを過払い金の返還請求と言います。

この返還請求は、海千山千の金融業者との交渉によって行われ、もし相手が返還に応じないときは訴訟を提起し、支払いを求める必要があります。そのため、返還請求では交渉力のある弁護士に依頼する事が何よりも大切です。

もちろん弁護士報酬は必要となりますが、長年多額の借金を返済していた場合などでは、百万円以上の過払い金を得られるケースもあります。ただし、最後に取引から10年で時効となってしまいますので、注意が必要です。

過払い、債務整理は専門家に相談すべき理由

過払い請求などの債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に相談して手続きを依頼するのがベストな方法です。その理由としては、過払い金の計算や文書の作成や貸金業者との交渉などの細かい事務作業の手間が省ける、貸金業者との交渉時の駆け引きに負けない、円滑かつ確実な手続きが期待できる、信用が得られる、合意とならなかった場合に訴訟に発展しても安心などがあります。

費用は、債務の状況や債権者数などによって異なりますし、司法書士事務所や法律事務所によっても差が生じます。事前に相場などの情報収集をしておくのがおすすめです。

過払いにおける司法書士などの役割とは

過払い金は貸金業者に対して、払いすぎた利息分の返還を求める法的手段になります。この際に自力で行うこともできますが、司法書士や弁護士に依頼することで円滑に行なうことが可能となります。当然な権利とも言えますが、しかしながら、この過払い請求については期限があります。

完済したその日から、10年が経過してしまうと時効となってしまいます。万が一、過払金が存在した場合には非常にもったいないと言えます。調査を行うだけならば無料の機関も存在しますので、過払金請求を行うか行わないかは一度、調査してから決めてもいいかも知れません。

過払いを司法書士に頼んで返してもらう

司法書士は、過払い金にも対応できるため、相談すれば返してもらうことができます。返してくれる金額は、要求した金額に近い数字となり、大体支払った8割くらいは返してくれます。

弁護士にも頼むことができるものの、手続きにお金がかかったり、時間がかかることもあり、場合によっては司法書士を使ったほうが早めに終わります。交渉などはすべて任せることもできますから、自分が何かをしないと駄目だと考えずにお願いできます。そして返してくれる金額から、支払われる報酬も捻出できます。あまりにも高い場合も、しっかりと額から徴収して、残った分は受け取れるのです。

大阪で過払い請求は過払い初歩の巻

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら