0から始める過払い口座
image

過払い金返還請求を司法書士に依頼

借金の過払い金の返還請求は、弁護士だけでなく、司法書士に代理人として依頼することもできます。ただし、弁護士と違って制限があり、訴訟の額が140万円までの簡易裁判所までと決まっています。

では、司法書士に依頼するメリットは、弁護士よりも費用が安い傾向にあります。もちろん、訴訟の額が多い場合などは、始めから弁護士に頼んだほうがいいです。 借金の過払い金の返還請求は、自分ですることもできますが、専門家に頼んだ方が面倒な手続きをしなくてすみます。また、ある程度交渉をしたけど、書類など法律的に不備がないか、相談することもできます。

返済し過ぎた(過払い)金は返還請求できる

過払い金とは、簡単に言えば、消費者金融などの貸金業者に借金を返済する際に、払い過ぎたお金のことです。上限金利を超えた利率で返済していたことがある方なら、過払い金が発生している可能性が高いです。

この払い過ぎたお金は、返還請求することで、取り戻すことができます。返還請求は借金を返した本人でも行えますが、正確な過払い金の計算や、貸金業者との交渉や訴訟には、専門的な知識があった方がスムーズに事が運びます。どれくらいの金額の返還請求ができるのかも含め、まずは司法書士や事務所に相談してみてください。なお、返還請求できるのは借金の完済から10年の間と定められているため、お早めに相談することをおススメします。

婿養子のできる過払い分の任意整理

婿養子になり親の過払い分の借金を取り戻せたらと思っても、出来ることが限られてきます。そんな時は、任意整理をすると良いでしょう。借金は返したいけれど、利息分は無理である際に、利息分をカットし借金額を圧縮出来るメリットがあります。

裁判所などの公的機関を通さず、債務者と債権者の話し合いで毎月の支払いを減らしていくなどの術がとれるのも簡単に出来る方法だと言えます。任意整理の手続きを取れば、金融業者が以後の利息をカットするという約束をしてくれることが多く、過払い分の利息を借金返済に回すことが出来ます。

デメリットとしては信用情報機関にブラックリストとして掲載されてしまうため7年ほどのクレジットカードを含む借り入れが出来なくなることです。借り入れの予定がなければ、問題解決の1つとして覚えておくとよいです。

過払いやブラックリストの問題は弁護士に相談しよう

借金で悩んでいる場合には弁護士に相談するのが最も良い方法です。良い解決方法をいろいろと知っている人が多いものですし、具体的に債権者の交渉なども行ってくれるので非常に頼りになる事が多いものです。

借金問題を弁護士に解決してもらうとブラックリストに載ってしまうと思っている人も少なく有りません。債務整理の方法によっては載ってしまうことになりますが、その為に日常生活に支障をきたすことは殆どありません。

むしろ過払い金請求などで借金が減額されたり、払い過ぎた利息が戻ってくることも有るので、メリットの方が大きい場合が多いのです。

司法書士に過払い金請求を依頼するデメリット

司法書士に過払い金請求を依頼するデメリットはあるのでしょうか?代理人として金融会社ともやり取りをしてくれますし、受任通知が出されることによって催促の電話や手紙も来ることがなくなりますので、今まで「どうしよう」と悩んでいた心の負担を少しだけ軽くすることができます。

いいことだらけです。ただ一つデメリットをあげるとすれば依頼すること自体にある程度の費用がかかってくるということです。司法書士もお仕事ですので、相談は無料で行ってくれますが、実際の交渉などにはそれ相応の費用がかかってきます。自分で請求するよりも費用が多くかかってしまうことが一番のデメリットと言えるでしょう。

司法書士と消費者金融の過払いを取り返す

消費者金融は、比較的取り返すのが難しいとされ、かなり交渉しないと成功しない場合もあります。特に業者によっては、支払った利益を返してもらうことが困難で、支払ったお金が過払い金でも返してくれないこともあります。

粘り強く交渉することが大切なので、必要なら司法書士と一緒に取り返します。守ってくれる人がいることは、交渉を強めに行える部分に繋がります。非常に多くの人が行っている方法で、取り返せるチャンスも強くなります。過去に利用している場合は、まずは金額を計算してもらい、その上で取り返せるチャンスを弁護士なども含めて考えてください。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

過払いに関する記事

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら