0から始める過払い口座
image

0から始める過払い講座

弁護士でも過払い請求で全額取り戻せない事も

法律の知識がない個人が頑張って金融機関と交渉を行って過払い請求を行っても、取り戻せないケースが多いというのは、多くの人がネットなどで調べて把握している様ですね。

では、代理として弁護士や司法書士に頼んだら必ず全額取り戻す事ができるか、と言えばそうとも言えません。場合によっては過払い金があっても、取り戻せない事もあるそうです。

また、過払い請求ではすぐに問題が解決してお金を口座に振り込んでくれるのだろう、と思っている人もいるかもしれませんが、長くかかる事もあるそうです。

平均的に数カ月程度の時間が必要な場合が多いそうです。長い場合には1年以上かかってしまう事もあるとの事です。

過払い金請求の計算方法

過払い金を取り戻すには、実際にどのくらいの過払いが発生しているかを確定した上で、金融機関に過払い請求を行わなければなりません。請求額の計算方法自体は簡単で、利息制限法で定められた金利を超えてはいるが、出資法の利息の範囲内である、いわゆるグレー金利部分を算出します。

ただし、一つ一つの計算自体は簡単ともいえるのですが、実際の取引期間中には繰り上げ返済やサイドの借り入れなどを繰り返していることが多いですし、利息制限法の上限も借入額によって異なってきます。最近では無料ソフトも出回っていたりしますが、弁護士や司法書士に依頼するのも手でしょう。

自己破産の免責決定後の過払い金

借金相談でよくあるのが、自己破産申し立ての際の過払い金の扱いについてです。長いこと消費者金融を利用しているケースでは、往々にして、過払い金が発生していることがあります。その場合に、お金が戻ってきてもすべて債権者に回収されるのかどうかという相談です。

これについては、自己破産の免責決定前であれば、返還金を債務整理の費用や未払いの税金に充てたり、裁判所が認めた範囲内の生活費として残すことができます。決定後についても、原則としては、返還請求可能です。貸金業者としては、権利の濫用ではないかと主張していますが、以前、貸金業者が情報開示に非協力的であったという事実から、その当時の自己破産については、返還請求がほぼ認められています。

自己破産で過払い金があるときの権利

自己破産をするまで追い詰められている人でも、過払い金があるなら、任意整理ですむ場合もあります。過払い金の権利は、利息制限法の上限を超える利息を支払っていた人ならだれもが持っています。しかし、会社が倒産してしまっている場合には請求ができません。まずは借金相談をしてみましょう。

自己破産をすると、デメリットは大きいので、なるべく任意整理で解決するのが望ましいです。弁護士費用や裁判所費用も高額になることがあります。法律事務所では、相談だけなら無料というところもあるので、まずは相談をしてメリットとデメリットを確かめておきましょう。

債務整理の相談は、まず弁護士へ

債務整理を行う際に相談できるプロは弁護士と司法書士になりますが、司法書士はあまりおすすめできません。これは債務整理の方法によっては裁判を行わなければいけないのですが、司法書士では書類の作成代行を行うことは出来ても、裁判所での手続きなどの代行を行うことができないため、仕事を休んで本人が行わなければいけなくなってしまうからです。

また、司法書士には140万円の壁があり、借金の総額が140万円を超えた場合には債務整理の手続きを行うことができなくなってしまいます。そのため、最初から法律のプロであり、金額の上限がない弁護士に依頼してしまった方がスムーズになります。

自己破産の手続きをするなら弁護士に

自己破産をして人生の再スタートを切ろうと考えている方は弁護士に手続きを依頼することをお勧めします。自己破産を考えている方は少なからず負債があり、支払いに対して首が回らなくなっている状態だと思います。

手続き自体はインターネットの普及している現代では自分で調べて行うことができますし、費用もかなり抑えることができます。しかし、負債を抱えて債権者への対応もしなければならないとなると費用以上の負担がかかってきます。人生の再スタートは気持ち良く切るべきだと思いますので、弁護士に依頼して負の遺産と早々にお別れするのが懸命な手段といえます。

多重債務における過払いの可能性

複数の借入先から借金を借り入れている多重債務を抱えている場合において、日々の生活においても返済に追われ、ストレスを抱えてしまう方は多いものです。また、長い期間に渡って借金の返済を続けてきた方の場合、利息分の金額が支払われ過ぎていることによる過払い金が発生しているケースも見受けられます。

過払いの有無について判断がつかない場合は、弁護士への借金相談を通じて調べることも可能です。借入先である金融会社へ請求手続きを行うことで支払い過ぎていたお金が戻って来ることもあり、借金問題の解決へと近付くこともあります。

多重債務の方も気にしたい過払い

多重債務に陥ってしまった方や、長年の借金によって返済を続けてきている方にとって注意したい事柄として、過払い金の有無が挙げられます。利息として支払いすぎているお金が手元に戻って来るケースもあり、借金の残額次第では借金問題そのものを解決できることもあります。

借入先である金業者への請求を行うことができるため、多くの方は弁護士や司法書士などへ相談するなどして解決を目指します。借入先との連絡などが必要となるため、自分で手続きを進めるよりもスムーズに対処してもらえる場合が多く、余計なストレスを抱えずに済ませられます。

過払いなどの弁護士の仕事。過払い、自己破産、債務整理など。

弁護士に債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談についての情報。

債務整理、過払い請求、自己破産などの借金相談の内容以外の問い合わせはこちら